車の販売を撤退

スズキがアメリカでの車の販売から撤退するそうですよ。
日本でいうところの民事再生法にあたる米連邦破産法というのを、スズキのアメリカの会社が申請をしたようです。
何でそんなことになったのかというと、円高が原因なんだとか。そのおかげで採算が取れず、ってことみたいです。
いままでにもアメリカから日本のメーカーが撤退したことがあるらしく、そのメーカーというのがダイハツなんですって。
スズキはアメリカをあきらめた分ヨーロッパとか、この前騒ぎがあったインドとか、アジアの東南地域、新興国に力を注ぐらしいです。
「撤退」なんて簡単に言ってしまってますが、契約の問題で販売店と裁判になってしまい、問題が長引いてしまうこともあるんだとか。
なんでも、アメリカでのスズキのピークは、5年前の2007年なんですって。
でも、そのあとのリーマンショックの金融危機があって提携していたゼネラルモーターと提携を解除して、円高もあって今回の撤退ということになりました、とさ。

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、terpsichoreが2013年1月14日 14:28に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「洗車してから売りましょう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。